アリバイを貫き通すコツ

アリバイの情報はここから!

アリバイ会社で賃貸物件の契約をするのは危険?

アリバイ会社で賃貸物件の契約をするのは危険? 何らかの事情で一時的に無職になるなどの問題が起こると、アパートを借りる時の審査に落ちやすくなります。
自分が働いている証明ができれば対応できますが、そのような時に便利なのがアリバイ会社で物件を借りる時に使われます。
便利なサービスを提供している会社は、在籍確認などの手続きをする場合に役に立ちます。
登録手続きをすれば簡単にサービスを利用できますが、ある程度リスクもあるためよく考えて使わなければいけません。
便利なアリバイ会社を使い物件を利用する行為は、実は違法で詐欺罪などに問われる可能性があります。
悪質な行為をすると処罰されますが、多くの場合厳しく問われるケースはありません。
一般的にこのサービスを使った時に問われるのは、部屋を退去させられる事です。
嘘をついて建物を借りていたので契約違反になり、強制的に追い出されてしまいます。
大家によっては大目に見てくれるケースもありますが、リスクのある方法だと理解しておくのは大切です。

アリバイ会社を利用して賃貸契約!違法ではない?

アリバイ会社を利用して賃貸契約!違法ではない? アリバイ会社とは、勤務先を偽装してくれるサービスを提供している会社です。
実在する会社に勤務しているように見せかけるので、無職で賃貸の審査に通らないような人が利用すると、審査に通る可能性が上がります。
給与明細や源泉徴収票などの書類を用意してくれるので、支払い能力を偽装可能です。
アリバイ会社を利用すると詐欺・公文書の偽造などの罪に問われる可能性があります。
違法となるかどうかは、アリバイ会社によって大きく異なります。
架空の会社を利用していたり、公文書を作成していたりするアリバイ会社は危ないです。
登記された会社を勤務先として登録出来るようにしているなら、バレる可能性が低いです。
給与明細や源泉徴収票は私文書なので、公文書偽造の罪には問われません。
このように、信頼できる会社を選んでおけば違法になる可能性は低いので、会社選びが重要になります。
賃貸契約書には、「虚偽の事実がある場合には契約を解除する」旨の記載があることが多いので、バレたら強制解約されるリスクもあります。

copyright (C) 2020 アリバイを貫き通すコツ. All Reserved.