アリバイを貫き通すコツ

アリバイの情報はここから!

アリバイ会社契約時に確認しておきたいこと

アリバイ会社契約時に確認しておきたいこと 在籍確認や入居審査などのためにアリバイ会社を利用するときに、契約前に確認しておきたいこともあります。
どの会社でも良いわけではなくて、中には架空会社やその種類の会社だと信用性がなく、在籍会社と見抜かれてしまいます。
避けた方がいいアリバイ会社は、公式ホームページがない・資本金が100万円ぐらい・夜職ビジネスだけで事業展開する法人、公式ホームページがあっても更新が止まっている・謄本上記載の住所に行っても本店がない・社会保険未加入法人です。
この中のどれか一つでも当てはまる場合は、依頼しても在籍会社だと判断される可能性が大変高く失敗します。
勤務先へ情報などを書いても審査も通りません。
また、料金があまりにも安すぎるところも避けた方がよくて、提供しているサービスの品質に自信があるなら適正な費用に設定してます。
安くても内容が悪いのではアリバイ会社としての存在意義にも疑問ですし、内容と料金もいくつかの会社を比較してから、高すぎたり安すぎない会社へ依頼するのがポイントです。

アリバイ会社で賃貸物件に入居することはできるのか

アリバイ会社で賃貸物件に入居することはできるのか アリバイ会社を使って賃貸物件を借りたいという人もいるかもしれません。
しかし、リスクが高いので避けた方が良いでしょう。
まずアリバイ会社を使って賃貸契約を結んだ場合、管理会社や大家にバレると強制退会させられることがほとんどです。
これは悪意ある行為とみなされるため、即日退去を求められる可能性も考えられます。
入居時に支払った初期費用は戻ってこないことが多いですし、場合によっては違約金が発生することもあります。
また、入居後にアリバイ会社を使っているとバレた場合、詐欺行為として訴えられてしまう可能性もあります。
源泉徴収票や健康保険証などを偽造した場合、犯罪行為になってしまうので注意しましょう。
ちなみに、アリバイ会社を利用すれば必ず審査に通るというわけではありません。
このような業者はあくまで書類を用意したり、口裏を合わせてくれるだけです。
管理会社や大家に怪しいと思われたら審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

copyright (C) 2020 アリバイを貫き通すコツ. All Reserved.